スポンサードリンク

初心者マーク

初心者マーク その他のマーク


警視庁によれば、初心者マークをはじめとして特定の条件の運転者が表示するマークには他にもいくつかあります。

まず、高齢運転者標識はもみじマークとも呼ばれ、普通免許を受けた、年齢が70歳以上ので、加齢に伴って生ずる身体機能の低下が
自動車の運転に影響を及ぼすおそれがある人の提示するマークです。

提示しなくても罰則はありませんが自己の判断によります。

その他、聴覚障害者マークや身体障害者マークといった障害者を保護する目的のマークもあります。

「聴覚障害者マーク」を表示している車の運転者は警音器の音が聞こえないといったことがあるので、周囲の運転者は安全に通行できるよう
配慮しましょう。

また、「身体障害者マーク」を提示しているのは、普通自動車を運転することができる免許を受けた人で、肢体不自由であることを理由に当該免許に条件を付されている人です。

初心者マークを含め、これらのマークのついた自動車を見かけた時には思いやりをもった運転を心がけましょう。

初心者マーク

初心者マーク ドライバーの心得


運転する時には初心者マークをつけているからといっても、決して安心せずに周囲に細心の注意を払って運転しましょう。

自動車を運転するのは基本的に楽しいものですが危険も伴います。

自動車教習所、試験場などで教わったことを忘れずに、いつまでも安全第一のドライブを心がけてください。

また、初心者マークを表示した車を見た時には優先してあげてください。

自分が初心者マークをつけていた頃に、周囲の運転者にそうしてもらっていたであろうことを忘れずに・・。

初心者マークの提示してある車を見かけると、自動車免許取得後1年以上の運転者も初心に戻る効果もあるようです。

いつまでも、運転免許を取得できた日のことを忘れないように、初心者マークをみたら思い出して安全運転を心がけたいものです。

初心者マーク

初心者マーク 提示


初心者マークは、運転する車両の前後の視認性の高い部分(地上0.4 - 1.2m以内)に掲示する義務があります。

「うっかり」や「かっこ悪いから」などの理由から免許取得1年未満にもかかわらず提示していない人がいますが、法的にも義務付けられていますので、初心者マークは装着を厳守しなければなりません。

また、逆に免許を取得後1年以上の人がこの初心者マークを表示した車を運転したとしても法律上の問題はありませんが、警察庁の見解では「この法律の目的は普通免許を受けて1年未満の運転者の事故防止と保護にあり、それ以外の人が初心者マークを表示して運転することは法律の予定するところではない。」ということです。

ペーパードライバーなど、運転に自信のない人が初心者マークを付けて走ることは、他車から守られるので良い方法だと言えます。

初心者マーク

初心者マーク 入手方法


初心者マークの入手方法としては、カー用品店やホームセンターなどで購入できます。

また、指定自動車教習所を卒業する際に、サービスや卒業記念として無料で配布される事もあります。

インターネットでも取り扱っています。

市販されている初心者マークは、裏面全体が磁石になっていて車体に直に貼り付けることができる「マグネットタイプ」と、車内から窓ガラス等に
貼り付けることができる「吸盤タイプ」の2種類が主に出回っています。

初心者マーク

初心者マークとは・・・

初心者マークの正式名称は「初心運転者標識」といいます。

日本道路交通法に基づく標識のひとつで、免許取得1年未満の者には表示の義務があります。

この制度は1972年に導入されました。

掲示の義務を課されている運転者がこれを怠った場合は、反則金4000円、違反点数1点が加算されます。

また周囲の運転者においても、この標識を掲示した車両を保護する義務を有し、幅寄せや割り込み(やむを得ない場合は除く)などの行為を行なってはならないと定められており、表示車に対してこのような行為をした場合は交通違反となり、反則金や減点もあります。

マークの形態は誰でも目にしたことがあると思いますが、矢羽のような形をしていて、左側は黄色、右側は緑に塗り分けられ、若葉のように見えることから、一般的に若葉マークの通称で呼ばれたりもしています。

  1 2  次の5件>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。